住宅ローンとネット生保について

住宅ローンとネット生保について

従来の保険契約と違い、ネット生保はインターネット上で自分で契約をします。ネット生保は住宅ローンにも関連してきます。調べてみましょう。住宅ローンを組むことが決まったら、その時はほぼ必ず生命保険に加入することになります。これは万が一のときに債務不履行を避けるため、それと同時に愛する家族を守るために、債務を残さないように住宅ローンを組んだ時は、生命保険の加入が必要なのです。ネット生保は、このこととどう関係してくるのでしょうか。住宅ローンを組むより前から契約していた保険を削減です。新しい保険で、住宅ローンの保障はカバー出来ているのでその保障分を除くよう見直せばもっと保険料を減らすことが出来ますインターネット生保で加入してみて本当に必要な保障だけを残しましょう。

--------------
私の保険契約の見直しをしました。私は会社勤めをしていた頃に何に入るのかもわからず生命保険に入っていました。勤めていた会社には保険会社の生保レディたちがしょっちゅうやってきていて新人社員が目に付くと保険の話をしてくれます。周りもそれを当然と思ったようで、雰囲気だけで保険の話になってまさに成り行きに流されて契約し、なた何となく保険を続けました。その金額は、月に1万円以上でした。






生命保険等の保険をどんな立場の保険マンに相談をするのでしょうか。このようなファイナンシャルプランニングの問題について考え続けていれば想像したよりスムーズかもしれません。生命保険のファイナンシャルプランナー・FPとして活躍している保険のプロもいます。そのコンサルティング能力次第で問題ない生命保険になるかが決まってしまうでしょう。ファイナンシャルプランナーと生命保険です。コンサルは役に立ちます。-